著者
阿部 文一
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.57, no.12, pp.562-565, 2009-12-20 (Released:2017-06-30)
参考文献数
4

電気化学がイオンの存在や挙動を徐々に明らかにして行った。水溶液中ではイオンは水和しており,水溶液の電気伝導率と溶液中のイオンの移動に密接に関係している。中和反応の進み方と伝導率および酸塩基滴定などについて実際の測定を念頭に置いて解説する。

言及状況

外部データベース (DOI)

教えて!goo (1 users, 1 posts)

PDFファイルなのですが読めますか? https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/57 … 「3.5イオンの移動」に詳しく書いていますが、簡単に言えば「水溶液中での裏技(反則技?)」を使っているからです。 他のイオンでは原子量が大きいイオンの方が伝導率は高い傾向にありますね。

収集済み URL リスト