著者
村松 容一
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.59, no.8, pp.398-401, 2011-08-20 (Released:2017-06-30)

環太平洋造山帯に位置する日本に火山性温泉が多いことはよく知られているが,近年温泉ブームを反映して,関東平野等の非火山地域で温泉開発が盛んに行われている。温泉水の多くは天水や化石海水起源であり,温泉水に含まれる溶存成分は起源となる水に由来するほか,地下を流動する過程で火山ガスを溶かし込み,また周辺の岩石と反応して,岩石中の各種物質を溶かし込んでいる。ここでは,地球科学的観点から,温泉に含まれる主要成分及び特殊成分の特徴を,起源と併せて概観する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

温泉って硫黄泉とか種類あるけどデータ集ってあるんやろかと思い、調べてみた。水処理やってた人としては興味あり。 [区分け] https://t.co/ybEfRlWKif [定義]. https://t.co/lXKFI8nvZz [学術誌] https://t.co/Kc7J1HRB8h

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: 61.120.241.31
2019-12-13 14:44:38 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト