著者
大井 隆夫
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.61, no.3, pp.126-129, 2013-03-20 (Released:2017-06-30)
参考文献数
8

通常の化学において,我々は特に同位体を意識することはないが,理工学の広い分野で,ある"元素"ではなく,ある元素の特定の"同位体"が必要とされる場合がある。純粋あるいは一定濃度以上の同位体が必要な場合,我々はそれを"濃縮"あるいは他の同位体から"分離"する必要がある。同位体の化学的性質は互いによく似ているため,化学物質や元素の単離や精製の場合と異なり,同位体の分離濃縮にはそれなりの工夫が必要である。目的とする同位体とその必要とされる量や濃度,さらに分離濃縮のためのコスト等により,様々な方法が考案され稼働している。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

@rinkaka0096 悲しいなぁ。一応何回もやればそこそこ濃縮できるやろ思想で回す手法はあるみたい。ただ蒸溜単独ではイマイチだから化学反応とも組み合わせるみたいね。 https://t.co/DnUHrwhBbA
@ampbe11 本当に。 化学的性質に差は無く、わずかな質量の差しか無いものを生物の体内で濃縮できるなら超画期的ですよね。 https://t.co/DAMIFTkeBr まああの学者の子供さんはあまりに発言が幼くてちょっとかわいいなんて思っちゃいましたが。
なるほど気体の状態で分離するのか(´・ω・`) https://t.co/nvxP2ZOI5u

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: GeSciHok
2019-02-14 17:18:38 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト