著者
石渡 明弘
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.61, no.8, pp.400-403, 2013-08-20 (Released:2017-06-30)
参考文献数
15

水素(H)の同位体である重水素(^2H,D)を利用した様々な化学・生化学的応用が広がっている。重水素の発見より約90年の月日が経つ(そろそろ一世紀を迎えようとしている)が,その重水素について,発見の経緯を少し述べた後に,同位体効果を利用した研究,質量分析,核磁気共鳴分光分析での利用と,反応解析などへの重水素標識の応用研究について,生体関連分子の化学の観点から紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

これ出典見つけましたが、一文丸々コピペですね。著作権法上問題があるかは微妙なラインですが、あとで(できればほかの文献も参照のうえ)パラフレーズした文章に差し替えておこうかと思います。#jawp https://t.co/YsETDGwYS3 https://t.co/35FGtbGDuZ https://t.co/IMN8fHsjla
@iwachan77 あとこれ。https://t.co/qRsWFugTYM 重水使った分子マーキングは割とやる手段なのよね。

収集済み URL リスト