著者
西川 純
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.63, no.9, pp.432-435, 2015-09-20 (Released:2017-06-16)

理科は実験方法の検討,実験結果の予想で子どもたちが話し合う場面が多い。また,実験・観察では子どもたちが主体的に学習している。本稿では,『学び合い』という授業によって,理科が国語,英語より優れた言語学習の場になることを紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 4 favorites)

@R_Kakiuchi_0921 参考文献に自著しかないか、2ちゃんねるがあるか、という違いがありました。どっちが上かはわかりません。。。 https://t.co/Dc0eCchnGx
これ論文じゃないですよね?エッセイであってほしい。何も確かめてない。。。え?こんな作法あるの? https://t.co/Dc0eCchnGx

収集済み URL リスト