著者
二宮 文乃
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.59, no.6, pp.799-807, 2008 (Released:2009-05-15)
参考文献数
20
被引用文献数
2 1

心因的ストレスはアトピー性皮膚炎の病勢に影響を与える。このことに着目して気剤を併用し,精神症状や自律神経系の異常だけでなく,皮膚症状の改善を認めた6症例を報告した。これらの異常に対する気剤の効果を客観的に評価する目的で手掌足底発汗検査やSDS検査を用いた。皮膚症状の標治治療に加えて,症例1では桂枝加竜骨牡蛎湯,症例2と3では四逆散,症例4は抑肝散加陳皮半夏と桂枝加竜骨牡蛎湯,症例5では四逆散から桂枝加竜骨牡蛎湯へ転方,症例6では柴胡桂枝乾姜湯を併用した。アトピー性皮膚炎の治療では,皮膚所見だけでなく,気の異常を治療することは重要であると考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

アトピーと自律神経の関係について、やっと同じことを考えている方の論文を発見した! が、症例少なっ! でも、自律神経を整える生薬は自分の経験的にもアトピーの症状を改善する

収集済み URL リスト