著者
高山 真 沖津 玲奈 岩崎 鋼 渡部 正司 神谷 哲治 平野 篤 松田 綾音 門馬 靖武 沼田 健裕 楠山 寛子 平田 宗 菊地 章子 関 隆志 武田 卓 八重樫 伸生
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.62, no.5, pp.621-626, 2011 (Released:2011-12-27)
参考文献数
7
被引用文献数
7 7

平成23年3月11日に発生した東日本大震災は,巨大な地震と津波により東日本の広い範囲に甚大なる被害をもたらした。東北大学病院では被災地域への医療支援を行ない,漢方内科においても東洋医学を中心とした活動を行なった。ライフラインが復旧せず医療機器の使用が困難な中にあって,医師の五感により病状を把握し治療方針を決定できる東洋医学は極めて有効な診断・治療方法であった。被災直後には感冒,下痢などの感染症と低体温症が課題であり,2週間経過後からアレルギー症状が増加し,1ヵ月以降は精神症状や慢性疼痛が増加した。感冒や低体温に対する解表剤や温裏剤,咳嗽やアレルギー症状に対する化痰剤,疼痛やコリ,浮腫に対する鍼治療・マッサージ施術は非常に効果的であった。人類の過酷な歴史的条件の下に発達した東洋医学は大災害の場でも有効であることを確認した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

#強いストレス 長い災害等に関連した漢方薬の情報です #コロナに負けない https://t.co/zVRSnlPJjY #強いストレス には https://t.co/OK9EjbqK3y #心の傷 に効果あり… https://t.co/aNqZIcRIS4
#東日本大震災 関連情報 #被災 された皆様への #支援制度 情報 https://t.co/FTmu2mYhZ2 https://t.co/q5IesL72y7 #強いストレス にさらされている方に… https://t.co/REjUrJtIyK
災害時に東洋医学が出来ること https://t.co/iwCnzbg55j

収集済み URL リスト