著者
三浦 於菟 松岡 尚則 河野 吉成 板倉 英俊 田中 耕一郎 植松 海雲 奈良 和彦 芹沢 敬子 中山 あすか 橋口 亮 福島 厚 小菅 孝明 斉藤 輝夫
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.63, no.1, pp.1-14, 2012 (Released:2012-08-24)
参考文献数
53

盗汗病態理論の史的変遷を中国医書に基づいて検討した。隋代まで,盗汗と自汗の病態は同様であり,主に体表の気虚によって出現すると考えられていた。唐代には,盗汗と自汗の病態の相違性が指摘され,盗汗は熱によって出現するとされた。宋金代には,血虚や陰虚の熱が盗汗を出現させるとされた。金代には,寒邪などの外邪によっても盗汗は起こるとの実証盗汗理論が提唱された。元代と明代の初期には,盗汗は陰虚,自汗は陽虚という学説の完成をみた。明代中期には,盗汗は陽虚でも出現する事があり,病態によって盗汗と自汗を把握すべきだという新学説が登場した。清代には,外邪のみならず湿熱,食積,瘀血によっても盗汗は出現するという実証の盗汗,部位別盗汗病態などの新しい学説が登場した。また温病盗汗は傷寒とは異なり陰虚によるとの学説もみられた。盗汗学説は古きに知恵を求めながら発展したといえる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 6 favorites)

東洋医学概論の教科書に心酔していけないのは言葉の概念は時代のよって違うかったり都合よく数百年飛び越えて切り貼りしてまとめあげているので都合が良すぎて矛盾することがある点 https://t.co/Tsl2HCKGWU
#診断学 #医学史 「盗汗病態理論の史的変遷」 三浦 於菟, 松岡 尚則, 河野 吉成, 板倉 英俊, 田中 耕一郎, 植松 海雲, 奈良 和彦, 芹沢 敬子, 中山 あすか, 橋口 亮, 福島 厚, 小菅 孝明, 斉藤 輝夫 日本東洋医学雑誌 2012年 ℹ️ J-STAGE ⬇️ 文献情報ページを開く https://t.co/lytD7VOv4o
#診断学 #医学史 「盗汗病態理論の史的変遷」 三浦 於菟, 松岡 尚則, 河野 吉成, 板倉 英俊, 田中 耕一郎, 植松 海雲, 奈良 和彦, 芹沢 敬子, 中山 あすか 他 日本東洋医学雑誌 2012年 ℹ️J-STAGE ⬇️ 文献情報ページを開く https://t.co/lytD7VwlQg

収集済み URL リスト