著者
長坂 和彦 福田 秀彦 渡辺 哲郎 永田 豊
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.63, no.2, pp.98-102, 2012 (Released:2012-10-04)
参考文献数
11
被引用文献数
5 5

漢方薬はこれまでも腎疾患に応用されてきた。漢方薬の大黄や温脾湯には,透析導入までの期間を延ばす働きがあることが知られている。しかし,その効果は1/Cr の傾きを改善するにとどまり,Cr 自体を改善するわけではない。今回,西洋薬が無効であった慢性腎不全患者に漢方薬の黄耆が奏功した4症例を報告する。4例ともCr 値は明らかに改善し,透析導入までの期間が延長された。このうち2例は4年以上にわたり安定的に推移している。4例とも副作用は認めず,また治療前後で血清リン,カリウム,尿酸値に変化はなかった。黄耆は慢性腎不全の有力な治療薬となりうる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

清暑益気湯は黄耆かな? https://t.co/lo05bdvnCt
なんと。最近お痩せだとおもったら。漢方ではオウギがいいんですね。論文読むと、ちゃんと根拠があるの。https://t.co/v237qWgEkF https://t.co/b0DHtGiQlv
일본 80개 의과대학에서의 한의학 교육실태와 그 인식.: https://t.co/qC2Rk4lF5j Current K... http://t.co/jTM4dcGuYP

収集済み URL リスト