著者
岩田 健太郎 野口 善令 土井 朝子 西本 隆
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.64, no.5, pp.289-302, 2013 (Released:2014-02-28)
参考文献数
64
被引用文献数
1 1

迅速診断検査(RIDT)とノイラミニダーゼ阻害薬(NI)が開発され,インフルエンザ診療の様相は激変した。しかし,RIDT の感度の低さ,副作用や薬剤耐性など NI の問題もあり,その診療は未だ最適とは言えない。そこで,インフルエンザをウイルスという「モノ」ではなく「現象」として認識し,漢方薬を治療選択に加えた診療意思決定モデルを開発した。まず患者の重症度を吟味し,重症・ハイリスク患者では RIDT に関係なく NI 点滴を基本とする。重症でもハイリスクでもない場合は,NI か漢方薬を患者に選択させ,前者の場合は検査前確率が50%未満で RIDT を用い,それ以上では事後確率への影響の低さから RIDT を行わない。漢方薬では「現象」を対象としているため,原則として RIDT は行わないものとした。本モデルでは RIDT を選択的に行うことで検査属性を活かし,かつ検査の乱用や誤解釈を回避することが可能になる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

インフルエンザ診療にあたる皆様へ 某有名な先生らが、いろいろ参考文献をまとめていらっしゃるようなので、知識をアップデートしてみてください。 細かく記載されているので、ちゃんと読むには勉強会でもした方がいいかなってボリュームですが…。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/kampomed/64/5/64_289/_article/-char/ja/

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[2013年][インフルエンザ][岩田 健太郎][野口 善令][土井 朝子][西本 隆][日本東洋医学雑誌] 64巻 5号 p.289-302

Twitter (67 users, 80 posts, 157 favorites)

@yuukim https://t.co/C4J2AHJGhx 岩田先生はインフルに対してPCR検査は不要という説をお持ちで、新コロナも同様と考えたようです
この岩田先生の論説、面白かった。インフルエンザ以外の病気にも応用できそう。実際ここに書かれている内容を医療提供側、受ける側両方が理解すれば、世界はもっと平和になると思う。 https://t.co/UaLuDsPZN7 https://t.co/oxnSb3H8qh
インフルエンザに対する検査と治療に関する論文 https://t.co/LJ1GkmMOjM
@georgebest1969 先生引用論文「検査前確率が低い場合,検査陽性時には比較的高い検査後確率を持ちつつ,偽陰性のリスクもそれほど高くない。しかし,検査前確率が高いと陽性時の検査後確率に寄与するところは大きくないにもかかわらず,偽陰性のリスクは大きくなっている。」 https://t.co/eSnxgq9pCB https://t.co/GhhZdlizWr
@H0oyxd いいご指摘です。そう、事前確率が高くなると検査の価値も高まります。ただし、逆もあって事前確率が高すぎると今度は検査しないほうがベターということも。これはコロナのみならずインフルなどでも同様です。詳しくはこちら。 https://t.co/lHFUcbE2LQ
@masa_t5 @U3hVz4dtc8HiKMS @mph_for_doctors 読みにくいかもしれませんがこういったのもあります。検査の特性を知った上で医師が「検査する、しない」を含めて判断することが必要だと思ってます。検査が必要な人は限られるかなと思います。 https://t.co/pDF4bKHIwY
@yutayonemoto インフルエンザの検査で特異度98.2%陽性尤度比34.5、陽性だと事前確率10%でも事後確率約80%。 ただこれはそもそもそういう話でもなくツッコミどころが多いですね… 感度、特異度、尤度比を知らないと「何かの検査=感度100%特異度100%」前提で話を進めてしまうかもと思いました https://t.co/pDF4bKHIwY
J-STAGE Articles - <b>インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発</b><b>現象と治療に立脚した診断方針の試案 </b> https://t.co/EQBph0gW54
岩田先生のインフルエンザ診療意思決定モデルが参考になる。 https://t.co/Gc0IZGzsNC
2013年の文献ですが、今年もインフルエンザ診療には必読の文献かと思われます。 「インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発」 https://t.co/2qWdMGRxeN
@georgebest1969 欲を言えば、インフルエンザの漢方薬選択についても言及してほしかったですが・・・。 今年もこの文献は参照しています。 「インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発」 https://t.co/2qWdMGRxeN
再掲です。 インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発 https://t.co/QCTchgpZd9 無料で閲覧可能です。 インフルエンザの診療には必須の文献の一つかと思います。
https://t.co/QI1dob2VCb https://t.co/Wk4LapR8LH
日本東洋医学雑誌 インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発現象と治療に立脚した診断方針の試案 著者:岩田健太郎、野口善令 https://t.co/lwM73EH75Y
再掲です。神戸大学の岩田健太郎先生による、インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発 https://t.co/QCTchgpZd9 無料で閲覧可能です。このアルゴリズムに沿って、診療しています。
あとでよも https://t.co/or3tYDVPyy
<b>インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発</b><b>現象と治療に立脚した診断方針の試案 </b> http://t.co/1s87Hu7hUL
인플루엔자진료에 대한 의사결정 모델의 개발: https://t.co/Xbru2HLLhX인플루엔자진료에 대한 의사결정모델의 개발 ... http://t.co/wGJfIqnVMU

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: M00a0370ggtt
2015-06-01 12:03:44 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト