著者
岩田 健太郎 野口 善令 土井 朝子 西本 隆
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.64, no.5, pp.289-302, 2013 (Released:2014-02-28)
被引用文献数
1 or 0

迅速診断検査(RIDT)とノイラミニダーゼ阻害薬(NI)が開発され,インフルエンザ診療の様相は激変した。しかし,RIDT の感度の低さ,副作用や薬剤耐性など NI の問題もあり,その診療は未だ最適とは言えない。そこで,インフルエンザをウイルスという「モノ」ではなく「現象」として認識し,漢方薬を治療選択に加えた診療意思決定モデルを開発した。まず患者の重症度を吟味し,重症・ハイリスク患者では RIDT に関係なく NI 点滴を基本とする。重症でもハイリスクでもない場合は,NI か漢方薬を患者に選択させ,前者の場合は検査前確率が50%未満で RIDT を用い,それ以上では事後確率への影響の低さから RIDT を行わない。漢方薬では「現象」を対象としているため,原則として RIDT は行わないものとした。本モデルでは RIDT を選択的に行うことで検査属性を活かし,かつ検査の乱用や誤解釈を回避することが可能になる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

インフルエンザ診療にあたる皆様へ 某有名な先生らが、いろいろ参考文献をまとめていらっしゃるようなので、知識をアップデートしてみてください。 細かく記載されているので、ちゃんと読むには勉強会でもした方がいいかなってボリュームですが…。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/kampomed/64/5/64_289/_article/-char/ja/

Twitter (33 users, 37 posts, 79 favorites)

再掲です。神戸大学の岩田健太郎先生による、インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発 https://t.co/QCTchgpZd9 無料で閲覧可能です。このアルゴリズムに沿って、診療しています。
あとでよも https://t.co/or3tYDVPyy
<b>インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発</b><b>現象と治療に立脚した診断方針の試案 </b> http://t.co/1s87Hu7hUL
인플루엔자진료에 대한 의사결정 모델의 개발: https://t.co/Xbru2HLLhX인플루엔자진료에 대한 의사결정모델의 개발 ... http://t.co/wGJfIqnVMU

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: M00a0370ggtt
2015-06-01 12:03:44 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト