著者
金田 康秀
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.65, no.4, pp.278-286, 2014 (Released:2015-03-30)
参考文献数
60

Vogt-小柳-原田病(原田病)は,本邦では2番目に多いぶどう膜炎である。自己のメラノサイトに対する自己免疫性疾患と考えられており,汎ぶどう膜炎に加え,中枢神経症状,内耳症状,皮膚症状をきたすことが特徴的である。標準治療は全身的なステロイド大量療法である。更に不十分なステロイド剤使用は再燃や遷延化を招く。今回,B 型肝炎ウイルスキャリアに初発した原田病に対し,ステロイド剤を一切使用せずに竜胆瀉肝湯(一貫堂)と五苓散の併用が奏効した一例を経験したので報告する。症例:40歳男性。両)霧視を主訴に近医眼科を受診し,両)黄斑症を認め当科に紹介。原田病と診断し,和漢診療学的に軽度の水滞・瘀血を伴う足厥陰肝経の湿熱と捉え,竜胆瀉肝湯(一貫堂)と五苓散を投与した。結果,翌日から徐々に視力が改善し始め,ステロイド剤を使用することなく治癒した。原田病に漢方単独の治療が選択肢になり得ることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

◎ぶどう膜炎の治験< 水滞, 瘀血, 湿熱 >竜胆瀉肝湯(一貫堂)+五苓散 https://t.co/W1DqzPWtsw https://t.co/EvyGidzRsZ
@immune_naoki https://t.co/fSmrvsnGuI 俺と環輝さんじゃ考え方が違うのは百も承知。それでも極めて貴重な臨床報告を発見したので是非読んで欲しい。唯一残念なのは各種のヘルペス値がどうも検査されていないようです。
https://t.co/fSmrvsnGuI ステロイドを一切使用しない貴重な臨床報告。こうゆう臨床報告が大々的に取り上げられる事は絶対にない。 是非一読してください。

収集済み URL リスト