著者
中山 毅
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.66, no.2, pp.83-88, 2015 (Released:2015-08-12)
参考文献数
18

多嚢胞性卵巣症候群(polycystic ovary syndrome : PCOS)は生殖年齢女性の5-8%に発症し,月経異常や不妊症などの主要な原因の一つである。PCOS の治療は受診年齢や背景,特に挙児希望の有無により異なる。挙児希望のある女性のPCOS に対する治療の第一選択はクロミフェン療法である。ただし抗エストロゲン作用に伴う,子宮内膜の菲薄化や頸管粘液の減少も伴うことや,クロミフェン療法が無効な患者もいる。そこでクロミフェン療法が無効なPCOS 患者に柴苓湯を併用し,排卵周期が回復した6症例を経験した。柴苓湯が有効であった症例の多くは,東洋医学的に瘀血や水滞スコア値が高く,また投与後の血中LH 値,LH/FSH 比が無効群よりも低下した。さらに柴苓湯有効群はテストストロン値もより低下していた。ゴナドトロピン療法や腹腔鏡手術などの第2選択が行われる前に,証に応じて試みる価値があると推察した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

初めまして。 『子宝マッサージ』『子宝ごはん』などを執筆しております山田と申します。 ご質問に関して回答させていただきます。 基礎体温だけでは何とも申せない部分はありますが、 トレンドとして二層性をきちんと形成していますので 排卵があった可能性は高いと思います。 可能性としては14日〜16日のどれかでの排卵が濃厚ではあります。 ただ、市販の妊娠検査薬だ ...

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

LHとFSHのバランスとか問題なかったしザ、ネックレスサインみたいな卵胞ではなかったけど、卵胞の成長がゆっくりで、PCOぎみ。 そこで、ツムラの柴苓湯を購入。BMIが標準値くらいの人でも効果がみられたらしい。高いけど、、。 https://t.co/6eGhgLJnxP

収集済み URL リスト