著者
萬谷 直樹 岡 洋志 佐橋 佳郎 鈴木 理央 綾部 原子 鈴木 まゆみ 神山 博史 長田 潤 木村 容子 伊藤 隆
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.66, no.3, pp.197-202, 2015 (Released:2015-11-05)
参考文献数
27
被引用文献数
6 1

甘草による偽アルドステロン症の頻度については十分にわかっていない。われわれは甘草の1日量と偽アルドステロン症の頻度の関係について,過去の臨床研究を調査した。甘草を1日1g 使用した患者での偽アルドステロン症の頻度は1.0%(平均)であった。1日2g,4g,6g での頻度はそれぞれ1.7%(平均),3.3%,11.1%(平均)であった。過去の文献において,偽アルドステロン症発症頻度の用量依存的な傾向が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (76 users, 77 posts, 76 favorites)

良い研究なのでシェアします。甘草による偽アルドステロン症の頻度について、今後多くの調査が必要としながらも 1g→1% 2g→1.7% 4g→3.3% 6g→11.1% という頻度推定値の暫定使用を提案。 甘草の使用量と偽アルドステ… https://t.co/kWGBNjzoaJ
「現在では偽アルドステロン症の発症が甘草の使用量に影響されることが広く知られてきている。」 https://t.co/9JmIziv87F
甘草の1日量と偽アルドステロン症の頻度の関係について、過去の臨床研究(9文献10対象)を調査。用量依存的な傾向が示唆された。 【日本東洋医学雑誌】 甘草の使用量と偽アルドステロン症の頻度に関する文献的調査 https://t.co/tlwjH4M8UF

収集済み URL リスト