著者
三島 怜 小川 恵子 有光 潤介 津田 昌樹
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.68, no.1, pp.29-33, 2017 (Released:2017-07-05)
参考文献数
11

一般的にがん終末期においては,症状は右肩下がりに悪化し,症状の改善を図ることは非常に困難である。中でも骨転移疼痛のコントロールは難しい。症例は67歳男性,左腎癌右骨盤骨転移にて,緩和的化学療法や疼痛緩和治療が施行されていたが,疼痛コントロールが不十分であった。当初盗汗を主訴に湯液治療を開始し,さらに骨転移疼痛に対する疼痛緩和目的で鍼灸治療の併用を開始した。併用治療により,十分かつ,迅速な疼痛緩和が得られたため報告する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 3 favorites)

#腎細胞がん #骨転移 の右骨盤腫瘍による #疼痛 に対する鍼灸と湯液の併用治療の1症例 主に転移部位への陽気補鍼や灸治療を中心とした全身的な鍼灸治療によるケアと #ブシ末 や諸症状に対する漢方処方によりし体を温めることで症状の緩… https://t.co/gKMJ0FzTjP
@aym_emutan #加工附子錠 は化研生薬(株)の #アコニンサン錠 を用いた 鍼灸と湯液の併用治療 『 #傷寒論』 #附子湯「少陰病,得之一二日,口中和, 其 背 悪 寒 者,当 灸 之,附 子 湯 主 之」 灸を用い… https://t.co/bZFruXCXe9

収集済み URL リスト