著者
尾崎 宏和 原 優太 得丸 貴司 宗像 仁美 斎藤 侃 渡邉 泉
出版者
日本環境学会
雑誌
人間と環境 (ISSN:0286438X)
巻号頁・発行日
vol.44, no.1, pp.2-12, 2018 (Released:2019-04-24)
参考文献数
63

土壌・地下水汚染と食品の安全の問題が注目を浴びる豊洲の新食品市場施設の地下空間で,2016年9月17日と9月20日に滞留水を採取し,水素イオン濃度指数(pH)と有害金属濃度を測定した。その結果,滞留水のpHは11.5と強アルカリ性を示し,元素濃度はとくに溶存態モリブデンが17日に190 µg/L,20日に170 µg/Lと水質汚濁に係る要監視項目の指針値70 µg/Lを超過した。非汚染の地下水と比べると,滞留水試料はモリブデンが数百~千倍であり,バナジウム,ガリウム,スズは数百倍,ニッケル,アンチモンは数十倍に達した。これらの元素は,石炭乾留残渣や石炭灰において非汚染土壌に対する濃度比が大きく,汚染土壌からの溶出率も高いという特徴をもつ。したがって本研究は,豊洲地下空間の滞留水における汚染が,これまで報道されたヒ素,水銀,六価クロム,ベンゼン,シアンだけでない,多岐の元素に及ぶことを明らかとした。そして,豊洲における汚染問題は石炭からの都市ガス製造等に伴う土壌と地下水の汚染を要因とすることが,これまで着目されなかった複数の元素のレベルを解析することにより裏付けられた。溶存態モリブデンの指針値超過は,現地の土壌・地下水汚染とそれに伴う健康影響を引き続き検討する必要性を示している。豊洲市場予定地における環境汚染の実態は,より多くの有害物質を対象に,より多くの試料によって精密な調査を再度実施することが求められる。そして,予防原則と汚染者負担の原則に基づいて,長期的な検討と徹底した対策の構築が欠かせないと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (31 users, 70 posts, 10 favorites)

「豊洲市場予定施設の地下空間で採取された滞留水における 重金属等25元素の濃度と汚染源」 尾崎 宏和, 原 優太, 得丸 貴司, 宗像 仁美, 斎藤 侃, 渡邉 泉 キーワード: 滞留水, モリブデン, 重金属, 石炭残渣, 土壌・地下水汚染 2018 年 44 巻 1 号 p. 2-12 人間と環境 https://t.co/6LM9p1j8HZ
豊洲市場予定施設の地下空間で採取された滞留水における 重金属等25元素の濃度と汚染源 https://t.co/sUE8xKWpTm
「豊洲市場予定施設の地下空間で採取された滞留水における 重金属等25元素の濃度と汚染源」 尾崎 宏和, 原 優太, 得丸 貴司, 宗像 仁美, 斎藤 侃, 渡邉 泉 キーワード: 滞留水, モリブデン, 重金属, 石炭残渣, 土壌・地下水汚染 人間と環境 2018 年 44 巻 1 号 p. 2-12 https://t.co/6LM9p1j8HZ
〈豊洲における汚染問題は石炭からの都市ガ ス製造等に伴う土壌と地下水の汚染を要因とする…裏付けられた。 溶存態モリブデンの指針値超過は…汚染と…健康影響を引き続き検討する必要性を示し…より多くの有害物質を対象に…精密な調査を再度実施することが求められる〉 https://t.co/FCpzC8mADr
〈非汚染の地下水と比べると…モリブデンが数百~千倍…バナジウム,ガリウム,スズは数百倍,ニッケル,アンチモンは数十倍…豊洲地下空間の滞留水における汚染が…報道されたヒ素,水銀,六価クロム,ベンゼン,シアンだけでない,多岐の元素に及ぶことを明らかとした〉 https://t.co/FCpzC8mADr
『豊洲市場予定施設の地下空間で採取された滞留水における 重金属等 25 元素の濃度と汚染源』 〈豊洲の新食品市場施設の地下空間で,2016年9月17日と9月20日に滞留水を採取…水素イオン濃度指数(pH)と有害金属濃度を測定〉 https://t.co/FCpzC8mADr
@mizunoyak @kuninosaiseiwo @galbraithian999 <やっぱり扇風機。汚染空気が澱むと危険> 下記論文ですと、 日本環境学会 人間と環境 第44巻 第1号 2018年  豊洲市場予定施設の地下空間で採取された滞留水  における 重金属等25元素の濃度と汚染源  https://t.co/yDwfSU31sm 重金属等25元素、だそうです・・・
調査の試料は5街区で採取。https://t.co/FCpzC8mADr 不透水層の下まで汚染が行ってたので、掘削除去後に不透水層を補修した場所がいちばん多い5街区。 「雨水が砕石層を通って横から入った説」は間違い。 滞留地下水は汚染の残る砕石層下を通っていると思われ。 【プールモデル】とは(´_ゝ`) https://t.co/HwA3hhf1Oq
「溶存態Moが要監視レベル(指針値)を超過し…滞留水と石炭やその残渣で元素組成に共通性が高いという結果は,汚染源に関して意義のある科学的知見…基準値をもたない物質を含めた検討の意義も示し」 https://t.co/FCpzC8mADr
「豊洲新市場予定地における汚染問題に関する報道は,土壌汚染対策法による基準値設定のあるAs,Cr(Ⅵ),Hg,ベンゼン,シアンに対するものがほとんど…本研究は…25元素を対象として元素分析を実行…これまでに着目されなかった複数の有害元素が高濃度であることを示唆」 https://t.co/FCpzC8mADr
「これらは,滞留水中の元素の起源によって,その濃度に対する降雨の影響は異なること,滞留水は土壌汚染とそれに伴う地下水汚染を反映していることを示している」 https://t.co/FCpzC8mADr
「9月20日に採取された滞留水は,9月17日の試料と比べ,懸濁態濃度はすべての元素で低下…9月19日から20日にかけ…合計100mmを越える降雨…希釈されたためと考えられ…濃度が上昇した元素…9月20日の濃度上昇は降雨に伴いコンクリートからの供給が促進されたのかもしれない」 https://t.co/FCpzC8mADr
「以上から,滞留水における Mo,Ga,Sn 等による有害金属汚染は,都市ガス製造に用いられた石炭の残渣による工場敷地土壌の汚染を主な要因とすることが,これまで着目されなかった複数の元素のレベルの解析によって裏付けられた」 https://t.co/FCpzC8mADr
「滞留水と石炭または石炭残渣の最大レベルおよび各元素の溶出性には,高い合致性が認められ…また,化石燃料の燃焼は大気中のVおよびNiの主な起源として知られており,このことは豊洲の滞留水でも V や Niが石炭に由来するとの推測に矛盾しない」 https://t.co/FCpzC8mADr
「滞留水で非汚染地下水に対する比の値が高かった元素の多くは…石炭灰からの溶出性が高いことが示されている。このことは,石炭灰や石炭残渣によって汚染された土壌が滞留水の汚染の要因であることを示唆」 https://t.co/FCpzC8mADr
「我々は,この問題がクローズアップされた 2016年9月半ばに,新市場予定の建物の地下空間に滞留する水を入手した。そして,これまでに報道されていない有害元素を含む25元素を測定し,汚染レベルと起源を検討」 https://t.co/FCpzC8mADr
「予防原則と汚染者負担の原則に基づいて,長期的な検討と徹底した対策の構築が欠かせないと考えられる」 https://t.co/bX1eBAr1bQ
「溶存態モリブデンの指針値超過は,現地の土壌・地下水汚染とそれに伴う健康影響を引き続き検討する必要性を示している。豊洲市場予定地における環境汚染の実態は,より多くの有害物質を対象に,より多くの試料によって精密な調査を再度実施することが求められる」 https://t.co/bX1eBAr1bQ
「豊洲(市場)地下空間の滞留水における汚染が…報道されたヒ素,水銀…だけでない,多岐の元素に及ぶことを明らかとし…石炭からの都市ガス製造等に伴う土壌と地下水の汚染を要因とすることが,これまで着目されなかった複数の元素のレベルを解析することにより裏付けられ」 https://t.co/bX1eBAr1bQ

収集済み URL リスト