著者
海老沢 功 本間 れい子
出版者
一般社団法人 日本感染症学会
雑誌
感染症学雑誌 (ISSN:03875911)
巻号頁・発行日
vol.59, no.7, pp.701-707, 1985-07-20 (Released:2011-09-07)
参考文献数
6
被引用文献数
1

日本に於ける破傷風患者は減少し過去の疾患と考えられやすい. 日本の破傷風の実態を把握するために人口動態統計に基づく破傷風死亡率及び自験例を中心に破傷風致死率について検討した. 1947~1982年までの破傷風死亡総数は21,916人であり1947年の破傷風死亡率は人口10万対2.84であったが1955年に10万対0.98, 1982年に10万対0.02と著しく減少した. 新生児破傷風死亡率は1947年に生産児10万対36.1であったが1966年ごろより減少の速度をはやめ1979年には死者0となった. 破傷風死亡者の年齢別分布の推移をみると1955年ごろまでは新生児破傷風が40%以上をしめ次いで0~9歳の患者が20%近くをしめており若年患者が多く高齢者の割合が少なかった. 1966年ごろより著しく減少した新生児破傷風にかわって60歳以上の患者の増加がめだち破傷風患者の高齢化現象が認められた. この原因として施設内出生率の増加に伴う新生児破傷風の減少, DTP三種混合ワクチン普及による若年層患者の減少及び平均寿命の延びに伴う高齢患者の相対的増加等が考えられる. 自験例593人について破傷風の致死率の変遷を検討したところ1970年までは40%以上の患者が死亡したが1971年以後の致死率の低下はめざましく20%以下となった. 特にOnsettime48時間以内の重症例における1976年以後の致死率の低下が著しく, 集中治療の普及と進歩によるものと考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (2 users, 2 posts)

読みにくいと思いますが、一字ずつ根性で、ゆっくり読んで 下さい。 ①1回接種では不十分らしい。打つなら 1.初回免疫:1回0.5mLずつを2回、3~8週間の間隔で皮下又は 筋肉内に注射する。 2.追加免疫:第1回の追加免疫には、初回免疫後6カ月以上の 間隔をおいて、(標準として初回免疫終了後12カ月から18カ月 までの間に)0.5mLを1回皮下又は筋肉内に注射する ...
質問者の方のお年がわかりませんが、1968年からはジフテリア(Diphtheria)、百日咳(Pertussis)、破傷風(Tetanus) の3つの病原菌に対する三種混合ワクチン、DPTワクチンが接種されています。一時期、副作用のため中止されたこともありましたが、1968年以降に生まれた人の破傷風抗毒素保有率は高くなっています。この点に関しては、以下の論文にあります。 深見重子, 他:平成元 ...

Twitter (12 users, 12 posts, 6 favorites)

TLでちょっと破傷風が話題なので、戦後の推移をグラフにしてみたよ。あと、この論文(pdf)も興味深かった→日本における破傷風死亡率 と致死率の変遷について - J-Stage https://t.co/Bms8RVC2Ms https://t.co/LpHFI96oSk
"新生児破傷風死亡率は1947年に生産児10万対36.1であったが1966年ごろより減少の速度をはやめ1979年には死者0" 日本における破傷風死亡率と致死率の変遷について - Ceek.jp Altmetrics / https://t.co/mHNs6rkjWs

収集済み URL リスト