著者
三鴨 廣繁 和泉 孝治 伊藤 邦彦 玉舎 輝彦 澤 赫代 渡辺 邦友 上野 一恵
出版者
社団法人 日本感染症学会
雑誌
感染症学雑誌 (ISSN:03875911)
巻号頁・発行日
vol.66, no.8, pp.1090-1092, 1992-08-20 (Released:2011-09-07)
参考文献数
7
被引用文献数
1 1

近年, 細菌性腟症の原因菌の一つとして, Mobiluncus属があげられており, この菌はSTDとも関係あるとされている. しかし, Mobiluncus属の培養は難しく, 日数を要するため, 細菌性膣症の患者の腟分泌物についてMobiluncus属を含めた系統的な細菌学的検索の報告は少ない. 今回我々は, WHOの細菌性腟症の診断基準を満たした20例の腟分泌物の培養検査を施行した. その結果, 細菌性腟症の診断基準を満たした20症例中の7症例 (35%) からMobiluncus属が検出された.それらのうち, Mobiluncus mulierisが5症例から, Mobiluncus curtisiiをま2症例から検出された. 以上の結果から, G. vaginalis, Mobiluncus属単独で病原性が発現され細菌性腟症となるわけではなく, G. vaginalisやMobiluncus属が, 他の好気性菌, 嫌気性菌とともに存在するときに細菌性腟症を引き起こすものと考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

この問題を考える場合、過酸化水素の殺菌作用が何によるものか、そしてカタラーゼが過酸化水素にどのような影響を与えるのかを理解する必要があります。 まず、過酸化水素の殺菌作用ですが、以下の文献のp.1187の左上に「表1. 主な活性酸素種」がありますが、この中に「H2O2 過酸化水素」もあります。つまり、活性酸素として作用することで殺菌作用を示すわけです。微生物は、H2O2から分離してきた反応性の高 ...

収集済み URL リスト