著者
中山 幹男 戸田 眞佐子 大久保 幸枝 原 征彦 島村 忠勝
出版者
一般社団法人 日本感染症学会
雑誌
感染症学雑誌 (ISSN:03875911)
巻号頁・発行日
vol.68, no.7, pp.824-829, 1994-07-20 (Released:2011-09-07)
参考文献数
21
被引用文献数
4 1

マウスのインフルエンザウイルス感染実験系を用いて, 紅茶エキスによるインフルエンザウイルスの感染性の阻止を検討した.ウイルス懸濁液のみを鼻腔内に吸入させたマウス群は, 体重減少をおこし10日以内に100%が死亡したが, ウイルス懸濁液に2%(w/w) 紅茶エキスを混合し5分後に吸入させたマウス群では, 正常マウス群と同等の体重増加を示し, すべてのマウスが生残した.生残マウスのインフルエンザウイルスに対する血中抗体価を調べたところ, 10匹中9匹は抗体陰性であった.この実験結果から, 日常飲用している紅茶エキス濃度 (約2~3%) で, 105.3PFU/マウス (101, 3LD50) の高濃度のインフルエンザウイルスの感染性がほぼ100%阻止されることが明らかになった.以上の成績は, MDCK細胞を用いたin vitroの成績を支持するとともに, 紅茶エキスで処理されたウイルスの感染性が生体内で復帰しないことを示唆している.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

@ent_univ_ その論文だと、紅茶関係ないですもんね笑笑 うがいが予防に効果的かの実験ならわかりますけど笑笑 それではなく、 https://t.co/SHFIjVFOgr 私が目を通したのはこの論文だったと思います。
最近よく聞く紅茶がインフル予防に効くってやつ、半信半疑だったのでgoogle scholarで検索かけたら結構昔からそういう論文出てたんだな https://t.co/jV12Q1P1WJ
感染症学雑誌 1994年って20年も前 https://t.co/ITm0uEden9
https://t.co/IhwmyQwuC3

収集済み URL リスト