著者
友野 順章 城 裕之
出版者
社団法人 日本感染症学会
雑誌
感染症学雑誌 (ISSN:03875911)
巻号頁・発行日
vol.82, no.6, pp.613-618, 2008-11-20 (Released:2011-02-07)
参考文献数
15
被引用文献数
3 3

オセルタミビルはインフルエンザウイルスの増殖に関与するノイラミニダーゼを阻害する薬剤の一つであり, 罹病期間の短縮や肺炎などの合併症を予防することが知られている. 近年, 本薬剤の内服治療中に異常行動をおこすことが言われている. しかし異常行動が感染自体によるものであれば, 本薬剤が異常行動の発生を減少させる可能性が考えられる. 今回, 我々は本薬剤がインフルエンザ罹患時の異常行動の頻度を低下させるか検討した. 2006年12月から2007年3月までに異常行動を主訴に当院を受診しインフルエンザウイルス抗原迅速検査で陽性となった1歳以上の12例を異常行動群とし, 発熱を主訴に来院し異常行動を示さずウイルス抗原迅速検査で陽性となった1歳以上の335名を対照群とした. 平均年齢は異常群では825±322歳対照群では6.09±3.74歳と有意に異常行動群で高かった. (p=0.049). 両群問で, 性別, ウイルスタイプには有意な差は見られなかった. オセルタミビルは異常行動群では50.0%の患者が内服していたが, 対照群では779%が内服していた. (p=0.024) オセルタミビルはインフルエンザに伴う異常行動を抑制する可能性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 10 posts, 2 favorites)

https://t.co/xfI6Jo3eZm
@suijou1000 https://t.co/Ob3hcU2BjJ オセルタミビルはタミフルのことな この報告によると、タミフルを服用した患者とそうでない患者の場合、前者の方が異常行動する割合が有意に低いとのこと インフルエンザ自身にも幻覚を引き起こす症状あるからなぁ
そいやインフルエンザの異常行動で、タミフルの投与を母親が頑なに拒んで子供が、、、って話あったなぁ。今ではこんな話もあるんですけども。 https://t.co/iKsuPQBsPE
過多。"@kkitagaw: 少々 @Dr_Rasukaru: やや驚きました。 RT @kkitagaw: @gonnabe72 タミフルはインフルエンザに伴う異常行動を抑制する可能性が示唆された. https://t.co/s4MjBcZzrn”"
少々 @Dr_Rasukaru: やや驚きました。 RT @kkitagaw: @gonnabe72 タミフルはインフルエンザに伴う異常行動を抑制する可能性が示唆された. https://t.co/siy2otsdlX”
やや驚きました。 RT @kkitagaw: @gonnabe72 タミフルはインフルエンザに伴う異常行動を抑制する可能性が示唆された. https://t.co/GI69xBZ2uD
@gonnabe72 タミフルはインフルエンザに伴う異常行動を抑制する可能性が示唆された. https://t.co/siy2otsdlX

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト