著者
林原 玲洋
出版者
The Kantoh Sociological Society
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.2010, no.23, pp.141-152, 2010-08-30 (Released:2015-06-12)
参考文献数
28

In 1993, the Japan Epilepsy Association criticized Tsutsui Yasutaka's novel “Robot Police” as discriminatory to epileptics, and sought to have it from a textbook published by Kadokawa Publishing. In response to the criticism, he declared a “Writing Strike” and appealed for freedom of expression. This declaration drew public attention, and raised a storm of controversy. The aim of this paper is to explicate the divergence of problem setting in the controversy. First, I will show that the declaration was situated in the context of victim contest. Then, I will demonstrate that the context was prepared through the shift of roles in the early stages of the controversy. Finally, I will present a rhetorical analysis of how the shift of roles occurred in the responsive context of the controversy.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (60 users, 68 posts, 66 favorites)

>「無人警察」で要求されたのは、(抗議内容の賛否はさておいて)「教科書に載せること」への反対であって、作品自体の回収ではありません すでに指摘されていますが、海法氏のこの発言は嘘です。https://t.co/JOYlh4eV3z https://t.co/oYp7r2ejFd https://t.co/v8kU9g2IRP
@nk12 @sanzokusaka 歴史の改竄はやめてくださいね。 “日本てんかん協会は、1993 年 7 月、「てんかんに対する差別を助長する」とし て、1教科書の販売中止、2「無人警察」が収録された全集や文庫の回収、および、3謝 罪を求めて抗議をおこなったのである。” https://t.co/qFMw6P0GkI
“日本てんかん協会は、1993 年 7 月、「てんかんに対する差別を助長する」とし て、1教科書の販売中止、2「無人警察」が収録された全集や文庫の回収、および、3謝 罪を求めて抗議をおこなったのである。” https://t.co/qFMw6P0GkI https://t.co/rKsvlRy9uF
||| てんかんと自動車運転 | 公益社団法人 日本てんかん協会 ||| https://t.co/WS8OytG5bm 論争における問題設定の「ずれ」―筒井康隆「無人警察」をめぐる論争を事例として―(林原玲洋) https://t.co/xiwxLyB1T7 参考までに。

収集済み URL リスト