著者
森山 至貴
出版者
The Kantoh Sociological Society
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.2010, no.23, pp.188-199, 2010-08-30 (Released:2015-06-12)
参考文献数
31
被引用文献数
1 1

Gay identity and gay community are both central topics in gay studies and queer studies. However, the relationship between them remains unquestioned. This paper reveals how the relationship between gay identity and gay community has been shifted from the 90's to the present based on an analysis of discourses on coming-out.Coming-out in the 90's included three important elements: aspiration for making a good relationship, high self-reflexivity and entry into the gay community. However, the latter two elements have disappeared and the meaning of coming-out has shifted. This shift demonstrates that the relationship between gay identity and gay community has become more and more irrelevant and independent.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 13 favorites)

#寝る前に論文読む 森山至貴/ゲイアイデンティティとゲイコミュニティの関係性の変遷:カミングアウトに関する語りの分析から 「カミングアウト」という言葉をめぐる日本での言説分析。90年代と現代での差異を中心に。 理論型とことわっているように、あまりに綺麗な図式化 https://t.co/12g181RWSA https://t.co/ktMq10HS1n
はぇ〜おもろ 2019年に書かれてた恋愛漫画からみるゲイのアイデンティティとかいう論文 2010年のゲイのアイデンティティとコミュニティが"カミングアウト"の用途が変わってコミュニティと自我の関係も変わったて論文 https://t.co/SEre2Hv3jg https://t.co/Fs5MxWjjfp
ちょうどこれを読んでいる時に先ほどぺいにゃむにゃむさんのカムアウトのお話を聞いたわけですがゲイコミュニティを通じた新しい関係性を共有するためのカミングアウトと考えるとかなり興味深い。しかもコミュニティでの関係性が自己の形成に大きく関係している。 https://t.co/CFqRfhVlO1

収集済み URL リスト