著者
清水 勝 時田 元 越野 陽介 星山 直基 山田 昌夫 高橋 善弥太 西川 佳秋
出版者
一般社団法人 日本肝臓学会
雑誌
肝臓 (ISSN:04514203)
巻号頁・発行日
vol.30, no.6, pp.690-694, 1989-06-25 (Released:2009-07-09)
参考文献数
20
被引用文献数
2 2

アセトアミノフェン大量服用による急性肝不全はよく知られている.今回著者らは40歳,女性のアルコール常用者が,アセトアミノフェン4.8g(セデスAR錠60錠)をアルコールとともに服用し,急性肝不全で死亡した1例を経験した.剖検肝重量は750g,広汎性部位により亜広汎性肝細胞性壊死が存在し病理学的に急性肝萎縮と診断された.本例の服用アセトアミノフェン量は4.8gと比較的少量であるが,急性肝不全をきたした原因として,1)アルコール常用者であったこと,2)アセトアミノフェンがカフェインとの合剤で服用されておりその相互作用が考えられ文献的に考察した.アセトアミノフェンの使用にあたっては,予想以上に重篤な肝障害発生の危険もあり注意が必要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (28 users, 32 posts, 49 favorites)

アセトアミノフェン4800mgを酒と一緒に飲んだら肝臓がイカれて亡くなってしまった人。金パブなんかでODする人にとっては常識だが、アセトアミノフェンは多量に摂ると肝不全になる。1500mg/dayにとどめておかないと壊れる。金パブを飲むならcweしような。 https://t.co/XMsMiqjAgd https://t.co/tjP1xhJk28
市販のアセトアミノフェン含有薬で急性肝不全を起こして亡くなった例。普段のTLでは金パブのODが当たり前のようにされているが、飲む量や多剤併用によってはあっけなく逝ってしまう。まあだからODやめろとは言いませんが。身体が壊れるのは本望なので。 https://t.co/XMsMiqjAgd https://t.co/6kHxxFNnCQ
アルコールとアセトアミノフェンを同時摂取による急性肝不全での死亡例です。 こちら記事では4.8g(金パブ換算48錠)で起きています。 極端な例ですが常にリスクが存在する行為だと理解しておくべきです。 引用 【https://t.co/zM4JCUSp0YアセトアミノフェンKEGG】 【https://t.co/0ny3d42UEz J-STAGE】 https://t.co/251VNbzWW0
J-STAGE Articles - アルコール常用者にみられたアセトアミノフェンによる急性肝不全の1例 https://t.co/ElGUMDIMpa レポートの調べ物してて「酒を飲みながらセデスを60錠飲んで亡くなった」という迫力のある症例に出会ってしまい震えている
そいや、痛み止めと酒を同時に飲んでた時期あったわ……。| J-STAGE Articles - アルコール常用者にみられたアセトアミノフェンによる急性肝不全の1例 https://t.co/LS8nKlpkWK

収集済み URL リスト