著者
松崎 靖司 田中 直見 山口 高史 忠願寺 義通 西 雅明 千葉 俊也 大管 俊明 小松 義成
出版者
一般社団法人 日本肝臓学会
雑誌
肝臓 (ISSN:04514203)
巻号頁・発行日
vol.31, no.12, pp.1464-1469, 1990-12-25 (Released:2009-07-09)
参考文献数
20
被引用文献数
3 5

筋痙攣を頻回に繰り返す非代償性肝硬変症にタウリンの経口投与を試みたところ,筋痙攣が消失した症例を経験したので報告する.症例は,64歳女性.両手,両下腿の筋痙攣,下腿浮腫を主訴にて入院.身体所見には異常を認めず.肝機能検査においては,GOT, GPTの軽度上昇,血清総蛋白,アルブミン,Ch-Eの低下を認めた.血中電解質,銅,カルシウム値,PTHは正常であった.腹部超音波,肝シンチにおいては肝硬変パターンであった.筋電図所見は,安静時において下肢,近位,遠位筋に多相性の神経筋単位を認めた.タウリン3.0g/日経口投与を試みた.投与7日目より筋痙攣は完全に消失した.さらに筋痙攣を伴う慢性肝障害患者10例にタウリンの経口投与を行った.その結果7例に痙攣の消失を認め,3例に症状の軽減を認めた.慢性肝障害における筋痙攣に対しタウリンは有効な治療法の一つに成り得ると考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@focustaiwanjapa このような代用医学がある。 コロナウイルスに使えそうな技術 https://t.co/DpjTmfyUrK https://t.co/Pp5U3SPTgW https://t.co/keqNFQ4Q3i https://t.co/weP2E9YLYb https://t.co/VoQPa7gN5d
1 1 https://t.co/UTX6uSleup
人間の症例だけど・・・。タウリン経口投与で肝障害の猫の筋痙攣も治る???→ 「タウリン投与により筋痙攣が消失した肝硬変の症例」(J-STAGE) https://t.co/e3MiKbOkED

収集済み URL リスト