著者
山本 博之 田中 篤 北川 諭 鈴木 高祐 藤田 善幸 丸山 正隆
出版者
一般社団法人 日本肝臓学会
雑誌
肝臓 (ISSN:04514203)
巻号頁・発行日
vol.44, no.11, pp.579-585, 2003-11-25 (Released:2009-03-31)
参考文献数
22
被引用文献数
2 1

症例は35歳男性. 入院10カ月前から防風通聖散を服用していた. 入院3カ月前にはじめて肝機能異常が出現. 入院6週間前に近医受診, この時点で肝機能障害は増悪していたが, 5種の薬剤を新たに投与され, 防風通聖散はそのまま服用していた. 入院1週間前から黄疸・皮膚掻痒感が出現したため当院へ入院となった. 防風通聖散, および併用薬は入院前日まで服用していた. 入院時ALT 2996IU/l, AST 7174IU/l, T. Bil 15.1mg/dl, PT 30.6%であり, 第2病日肝性昏睡2度となったため劇症肝炎急性型と診断, 血漿交換および血液濾過透析とステロイドパルス療法を開始した. この結果意識清明となり肝機能も急速に改善したが, その後黄疸が遷延し, 肝機能は薬剤中止後4カ月に正常化した. 本症例ではもともと防風通聖散による薬物性肝障害が存在し, そこへ併用薬の影響が加わって最終的に劇症化に至ったものと考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

防風通聖散って2000年前後にえらく流行ったよなあ。未だにコッコアポとかで使用されてるけど、慎重な漢方薬はよほど限定された証でしか危なくて出せないって聞いたわ。

Twitter (12 users, 12 posts, 0 favorites)

@sdkfz186 長期服用中に肝障害が起こり劇症化した例があります http://t.co/Wv3OpY7DDF
防風通聖散なめたらいけません。肝臓 Vol. 44 (2003) No. 11 P 579-585 防風通聖散の長期服用中肝障害が出現し, 劇症化に至った1例 https://t.co/qsVWgl2cZm

収集済み URL リスト