著者
加藤 将 種市 幸二 松林 圭二
出版者
一般社団法人 日本肝臓学会
雑誌
肝臓 (ISSN:04514203)
巻号頁・発行日
vol.45, no.12, pp.688-688, 2004-12-25 (Released:2009-03-31)

A patient died of fulminant hepatitis E in our hospital. To our surprise, a son of the patient was also infected with HEV. By executing a family study, it was revealed that 7 out of 13 relatives of the patient, all of whom had participated in a Yakiniku party, had infection markers for HEV. Our results corroborate previous report suggesting pig liver to be an important infection source in Hokkaido, Japan.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

Twitter (679 users, 681 posts, 149 favorites)

「E型肝炎が本邦で最も多発するのは北海道であり,その理由の一つは豚レバーの摂食に帰せしめられている」 https://t.co/R4xxvkgivm
【はてブ新着IT】 焼肉店での会食後に発生したE型肝炎ウイルス集団感染 http://t.co/gzxdj3jBuI
「豚レバーの生食について、E型肝炎ウイルスが元での死亡例は確認されていない」というツイートが流れてきたので医中誌先生に聞いてみた。「焼肉店での会食後に発生したE型肝炎ウイルス集団感染 うち1例は劇症肝炎で死亡」( https://t.co/8hzkup2xdM )。

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kanzo1960/45/12/45_12_688/_article/-char/ja/ (683)