著者
山口 敦 石原 孟
出版者
一般社団法人 日本風工学会
巻号頁・発行日
pp.215-220, 2010 (Released:2011-07-27)

本研究では,気象シミュレーションと台風シミュレーションを用いて観測値が得られない場所における設計風条件を評価する手法を提案し,銚子気象台における観測データを用いて検証した.その結果,以下の結論が得られた. 1) 銚子気象台においてメソスケール気象解析と局所風況予測モデルにより推定した年平均風速と風速出現頻度分布は観測値とよく一致する. 2) 銚子気象台において,気象解析と台風シミュレーションにより推定した再現期間別最大風速は観測値とよく一致する. 3) 100年の年最大風速から求めた50年再現期待値は100年以下の観測データより求めたものと一致するが,1万年の年最大風速から求めた50年再現期待値はそれよりも小さな値となる。このことから,長期のシミュレーションにより,従来の比較的短期間から求めた50年再現期待値よりも低い設計風速を設定することが可能となることがわかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

台風 シミュレーションと気象解析を利用 した設計風速と階級別風速出現頻度推定手法の提案 https://t.co/2YGEP0OFJg 50年に一度で33m/sって統計上のデータを見ると、千葉市の最大風速57m/sってのがいかに桁外れか分かるな

収集済み URL リスト