著者
石田 正次
出版者
科学基礎論学会
雑誌
科学基礎論研究 (ISSN:00227668)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.17-31, 1960-12-25 (Released:2009-09-04)
参考文献数
40
被引用文献数
1

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

「繰り返えしの存在しないフィッシャーの世界では、確率よりも唯一回の試行に意味ずけのできる尤度の方がより好ましい」「フィッシャーの母集団が推論の便宜のために観測値 に基ずいてその場その揚で設定されるものであることをここで明記しておか… https://t.co/7splKkh2t9
@ynakahashi1003 さっと検索したところではこの文献 https://t.co/xMSL0qCDYA の 7 章あたりですかね.
「1763年 既にベイズ(T.Bayes)はTが得られたとき真の値θがθより大きい値をとる確率を求めるというような形で解いている.」 https://t.co/YdCoSaoCy1 ほぉ...ちなみに正規分布が導出されたのは1718年
統計推論に関するフィッシャーとネイマンの論争について https://t.co/HwvdBDb79H

収集済み URL リスト