著者
田澤 安弘
出版者
心の諸問題考究会
雑誌
心の諸問題論叢 (ISSN:13496905)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.11-16, 2009 (Released:2009-07-14)
参考文献数
2
被引用文献数
2

臨床心理学系の雑誌に論文を投稿する場合、そこで行われる査読が一方的な査読行為になっていることが少なくない。査読システムに権力的構造があるのは疑い得ない事実であり、それは論文査読の政治学とでも形容し得るものである。本論は、そのような現状を踏まえて、査読者は自分が権威的立場におかれていることに自覚的であれと提言するものである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 3 favorites)

論文査読の政治学 https://t.co/WIEcnTCebj
https://t.co/2NKiRCSDOX 論文査読の政治学 >査読者の氏名がオープンに されていて、「ああ、この人らしいコメントである な」と思ったからである。 草
J-STAGE Articles - 論文査読の政治学 https://t.co/f3QtWmzX3l 政治学は関係なかった。
「論文査読の政治学」なるほど。 https://t.co/tQqExCTs0K

収集済み URL リスト