著者
佐々木 恵理
出版者
現代日本語研究会
雑誌
ことば (ISSN:03894878)
巻号頁・発行日
vol.39, pp.17-35, 2018-12-31 (Released:2018-12-31)
参考文献数
20

女性への性暴力への抗議と性被害を告発する「#MeToo」運動をきっかけとして、日本でもセクシュアルハラスメント(セクハラ)の議論が活発になっている。報道の姿勢や世論の反応から、セクシュアルハラスメントは重大な人権侵害であるという認識が浸透していることがわかる。一方、セクシュアルハラスメントが正しく理解されているとは言いがたい状況もある。セクシュアルハラスメントは、職場や労働の場で権力関係を背景に起きると定義されるが、日常で起きる性暴力や性被害を「セクハラ」と表現したり、性的な発言や身体接触の様子を象徴的に「セクハラ」と描写したり、ふざけたりからかったりする意図で「セクハラ」が使われたりしている。本論では、まずセクシュアルハラスメントの定義を確認し、次に、さまざまな場面での誤用・誤解例を示す。さらに、こうしたことばの混乱が起きた源泉を探り、セクシュアルハラスメントの問題解決のためのよりよい表現を考えたい。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (122 users, 128 posts, 204 favorites)

あと今さらですが、公共空間の話は「セクハラ」には該当しません。 セクハラとは(他のハラスメントも同様に)、労使関係において労働者がその行いで不利益を被ることを言います。 以前に「環境型セクハラ」を誤用していた弁護士さんもいましたが、なぜ勉強しないのですか? https://t.co/O6U6CKVTcj https://t.co/NGKFazXJNb
"セクシュアルハラスメントの定義から考えれば、福岡裁判が初のセクハラ裁判である。それにも関わらず、西船橋駅事件が初のセクハラ裁判と記述さ れた文献も多く、この誤解はネットでも広がっている。" 佐々木恵理 (2018)「「セクハラ」をめぐる言説を再考する」https://t.co/UXNnBKN2Zr https://t.co/zEVudDOrvj
J-STAGE Articles - 「セクハラ」をめぐる言説を再考する:ことばの歪みの源泉をたどる https://t.co/kgLhXK2QOx
これとかは実質的な内容に踏み込んで書かれている。https://t.co/4O4mFd5vXI
https://t.co/hKQMDwiuHr
@sendai_i @kumapuuko 現在「セクハラ」の意味が矮小化されているのも気になります。https://t.co/Z2WCGK0h9c

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: Kikuchi Taro
2020-09-09 17:10:03 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト