著者
斎藤 理香
出版者
現代日本語研究会
雑誌
ことば (ISSN:03894878)
巻号頁・発行日
vol.40, pp.214-226, 2019-12-31 (Released:2019-12-31)
参考文献数
11

1980年代以降に発表された「反省的女性史」は、婦人運動家や思想家、さらには銃後の役割を担った女性たちの戦争協力という加害性をあぶりだすことを可能にした。本論は、そういった加害性から導かれる、戦争への「主体的」「能動的」と目される態度や行動の意味を「国民化」状況、すなわち個人に「権力」が及ぼされる状況において、「中動態」という概念を導入して検討した試論である。「中動態」とは、言語学で用いる能動態―受動態という対立概念が成立する以前に存在していた、能動態と対をなす概念である。中動性は、近代における行動基準として自明とされる主体性や意志の介在しない行為や事態において見出される。この概念を用いることによって、戦前・戦時のフェミニスト、一般の女性、支配者の間で、戦争責任の質的な分別が可能になる。ただし、中動性が女性たちの戦争責任を免罪するわけではないことも併せて提唱したい。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

@BigHopeClasic @OKB1917 そうそう、現代の自称フェミニストにそっくりな婦人運動家やキリスト教系の婦人団体たちが国防婦人会という組織を作ってた時代 現代のフェミニスト(ツイフェミ)って戦前の『けしからん系フェミニズム』『おばさん保守』のリバイバルって感じ https://t.co/cCNi10LjEX

収集済み URL リスト