著者
直野 章子
出版者
関西社会学会
雑誌
フォーラム現代社会学 (ISSN:13474057)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.13-30, 2009-05-23 (Released:2017-09-22)

本稿では、<被爆者>という主体位置が医科学・法言説によって産出され、それら言説の発話テクノロジーが<被爆体験>の語りを規定した様相を描く。さらに、<被爆者>が「平和の証言者」として主体化されるなか、どのような語りが後景へと消えていったのかについて、言説分析的な手法をとりながら考察する。法的主体である<被爆者>となるには、「どこで被爆したのか」と「いつ被爆地に入ったのか」という空間・時間的な基準をもとにした「放射線被害の蓋然性」が決定的な要素となる。爆心地からの時空間的な距離は、国家に承認されるときのみならず、誰がより真正な<被爆者>であり<被爆体験>を語る資格を有するのかという序列化の力としても強力に作用していく。さらに、<被爆体験>の語り手は、同心円のイメージに規定された<被爆者>としてだけでなく、「平和の証言者」としても主体化されていく。それらの主体位置を占めずして語ることは、「被爆証言」としては聞きとられないことになるということを、占領下に執筆され、後に正典として読まれ継がれていく『原爆体験記』と『原爆の子』から読み解いていく。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 14 favorites)

被爆者が爆心地を中心とした同心円のイメージのなかで規定される話は社会学の直野章子論文(https://t.co/NBM3yv8OBJ)に詳しいのだが、被爆建物も原爆ドームを中心として空間的整理が行われてきたことを地理学の阿部亮吾論文(https://t.co/3TeK000njB)にまとまっている。 https://t.co/1xxFmhzVLS

収集済み URL リスト