著者
吉田 文
出版者
一般社団法人 日本教育学会
雑誌
教育学研究 (ISSN:03873161)
巻号頁・発行日
vol.81, no.2, pp.164-175, 2014 (Released:2015-06-18)
参考文献数
19

本論文は、「グローバル人材の育成」をめぐる諸アクターの行動を分析し、グローバル人材を論じつつも、それがローカルな視点に立脚するものであるかを明らかにする。 分析の結果、1.2000年代に入り産業界は海外勤務従業員の育成を課題としてグローバル人材を論じはじめ、2.2000年代後半には、それが大学の課題となり、3.文科省は競争的資金で大学を誘導し、4.大学は海外留学と実践的な英語教育に力を入れ、5.小規模大学もグローバルを鍵とした学部・学科の改編を実施していることが明らかになり、これらが時間的にも空間的にもローカルな閉じた議論であることを指摘した。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[高等教育][論文][グローバル人材]

Twitter (1 users, 1 posts, 2 favorites)

“「グローバル人材の育成」と日本の大学教育—議論のローカリズムをめぐって—” https://t.co/lEcdEUuk3T #高等教育 #論文 #グローバル人材

収集済み URL リスト