著者
神林 寿幸
出版者
一般社団法人 日本教育学会
雑誌
教育学研究 (ISSN:03873161)
巻号頁・発行日
vol.82, no.1, pp.25-35, 2015 (Released:2016-05-19)
参考文献数
22

近年、教員の多忙化が政策課題とされており、教育学研究でも事務処理などの周辺的職務に伴う教員の多忙化が複数指摘されてきた。しかしこれらの指摘は十分な実証に基づくものではなかった。そこで本稿では現存する1950~60年代と2000年代後半の教員の労働時間調査について、一般線形モデルを用いた比較を行った。その結果、1950~60年代に比べて、2000年代後半以降の教員は、事務処理等の周辺的職務に長い時間を費やしているとは必ずしもいえず、他方で教育活動(特に課外活動)に費やす時間が長いことが明らかとなった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 7 favorites)

課外活動の量的拡大にみる教員の多忙化—一般線形モデルを用いた過去の労働時間調査の集計データ分析— https://t.co/r6cnVma30o
特筆すべきパラドックスは見当たりませんでした。 https://t.co/QapnqlhYbr と、キメラ10777号は報告します。 #bot
「これは授業準備、成績処理、学級運営に関する業務が該当する(cid:50891)(cid:50900)。」 https://t.co/QapnqlhYbr と、キメラ10777号は危機感を抱いた状態で #引用 します。 #bot
@_chimera0 学術論文の情報です。 課外活動の量的拡大にみる教員の多忙化—一般線形モデルを用いた過去... https://t.co/QapnqlhYbr と、キメラ10777号は危機感を覚えた状態でURLを示します。 #キメラ・ネットワーク #bot

収集済み URL リスト