著者
鈴木 篤
出版者
一般社団法人 日本教育学会
雑誌
教育学研究 (ISSN:03873161)
巻号頁・発行日
vol.88, no.1, pp.1-13, 2021 (Released:2021-10-19)
参考文献数
16

近年、非対面型授業の可能性に注目が集まっているが、どの程度まで従来の対面型学校教育に代替可能なのかについて研究の蓄積は十分でない。実際には、非対面型授業は従来の学級が有していた機能を何らかの形で確保しない限り、対面型学校教育には代替しえないだろう。生徒の社会化には学級制度が大きな役割を果たしており、たとえ短期的には非対面型授業が「うまくいっている」ように見えても、実際には参加者自身の過去の(対面型の)学級を通した被教育経験によって支えられている可能性も存在するためである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

https://t.co/o311MXQ9XZ ちくまプリまー新書から出ていた広田さんの新書で引用されていたので、読んでみます。めも。 https://t.co/cKTE7slqGQ
【PDF】ニクラス・ルーマンの学級論に関する検討 非対面型授業の対面型学校教育への代替可能性と限界 鈴木 篤 https://t.co/vL7r2cCkAW

収集済み URL リスト