著者
永野 健太 飯田 仁志 大串 祐馬 鎗光 志保 武藤 由也 矢野 里佳 川嵜 弘詔
出版者
九州精神神経学会
雑誌
九州神経精神医学 (ISSN:00236144)
巻号頁・発行日
vol.64, no.3_4, pp.112-117, 2018-12-15 (Released:2020-03-26)
参考文献数
15

日本では2018年度から性同一性障害に対する性別適合手術の保険適用が認められた。また,疾患名も性同一性障害から性別違和(DSM‐5),性別不合(ICD‐11)に改名された。世間ではLGBTという言葉が広まっており,学校や企業もセクシャルマイノリティへの対応を進めている。さらに2020年の東京オリンピックに向けて,セクシャルマイノリティへの理解は加速していると言えるだろう。しかし,我が国において,医療者の中で性同一性障害や性の多様性についての知識はそれほど広まってはいないのが現状である。日本には性別違和を治療する医療施設が少なく,現在も性別違和のある患者は遠方のジェンダークリニックを訪れている。本稿では現時点での最新の知識をまとめることによって,性同一性障害および性の多様性について基本的なレビューを行いたい。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 18 posts, 12 favorites)

https://t.co/Iy8Jeay9jM DSM-IV-TR内に基準は書いてあるのか、そりゃそうか。結局は自己申告の内容で判断するしかないのだから、聞き取り期間を長くして聞き取り内容を残しておくくらいしか医師側は出来ないのかね。判例を読めばもっと分かるかもしれないが https://t.co/khQqZWhAXg
@shusaku3939 これにちらっと出てきます。 診断書も簡単に取れる場合がある(とまで断言してないけど)、とかね。https://t.co/o1fStdYNsX
@XXfifXX 私は性転換できると言った覚えはありませんよ?そして、精神的性と身体的性の違いについては下記の論文があります。 https://t.co/Zp1a2THMMm 性同一性障害は存在することがこれで証明できます。
@tarako798 それは誤解ですよ。 性自認(ジェンダーアイデンティティ)は医学的にも確かに存在するものです。よろしければ下の文献などを参考にしてみて下さい。 これによると、医療者の中でも性の多様性の理解は十分でないらしいので、知らないのは無理のない事だと思います。 https://t.co/U8SiE9qtl4
性の構成要素というのはこんな感じのやつです >①性染色体や性器によって分けられる生物学的な性,②自分がどの性別であると思っているかという性自認,③性的関心の対象がどの性別なのかという性的指向,④社会的,世間的にその性別の役割と思われている性役割である。 https://t.co/gskp4pXrNi
先程リンクしたこちら、性の多様性(とりわけトランスジェンダー/性別への違和を持つ人々を取り巻く状況)についてかなり分かりやすくまとまっていてオススメです(フリーなので誰でも読めます) 性の多様性,性同一性障害について https://t.co/ptAuj6WQ1g
性同一性障害から性別違和/性別不合に変化していくことについて簡潔にまとめられていました 性の多様性,性同一性障害について https://t.co/ptAuj6WQ1g
え そうなの「ホルモン療法は保険適用にならないため,ホルモン療法を行っていた患者が性別適合手術を行うと混合診療になってしまうため,手術は保険適用とならない。」 https://t.co/llPPy8Fgka

収集済み URL リスト