著者
城ヶ原 貴通 小倉 剛 佐々木 健志 嵩原 建二 川島 由次
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.43, no.1, pp.29-37, 2003 (Released:2008-06-11)
参考文献数
24
被引用文献数
9

沖縄島北部やんばる地域におけるノネコ(Felis catus)および集落におけるネコの食性と在来種への影響を把握するために,糞分析による食性調査を実施した.その結果,ノネコおよびネコの餌動物は多くの分類群にわたっていた.林道においてノネコは,昆虫,哺乳類,鳥類および爬虫類を主要な餌資源としていることが推察され,集落においては,人工物および昆虫が主な餌資源となっていることが推察された.ノネコの餌動物には多くの在来の希少動物が含まれており,沖縄島固有種で国指定特別天然記念物であるノグチゲラ(Sapheopipo noguchii)をはじめ8種の希少種がノネコの糞より検出された.やんばる地域に生息するノネコおよび集落に生息しているネコは,沖縄島の生態系において陸棲動物のほとんどを捕食できる高次捕食者として位置づけられると考えられた.今後,やんばる地域の生態系を維持するためには,ノネコの排除が必要であり,さらに供給源としての飼いネコの遺棄を防ぐ県民への啓蒙普及活動が不可欠である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (81 users, 88 posts, 46 favorites)

⑨ 2.外ネコ問題一般 ネコ自身にもリスク https://t.co/mYiUM21Lkq それから、日本国内ですと、多少古いものもありますが、ネコのリスクや影響について以下のようなものがあります。 奄美の隣の徳之島… https://t.co/RcfvsrdijR
こちらは参考文献。jstageからですが、時期やメンバーを変えても同様の結果が出たことは極めて重要と考えます。#やんばる #外来種 #ネコ問題 https://t.co/F6dTa4o6RT
積み上げられたほんの一部 沖縄島北部やんばる地域の林道と集落における ネコ(Felis catus)の食性および在来種への影響 城ヶ原貴通1,小倉 剛1,佐々木健志2,嵩原 建二3,川島 由次1 1琉球大学農学部生産環境学科亜熱… https://t.co/urpyvkUKiM
@yamazaki_fu @NCPJSS @Xq9m2cEzR0yHq1z https://t.co/NzhXJEAqZkこの論文についてどう思いますでしょうか大学の講師であるのならデマを広げないでいただきたいです(沖縄島北部やん… https://t.co/3Mu16TtjC9
@TaneTweets https://t.co/toZxA8goSP ↑猫が在来種の増殖の妨げとなった例 https://t.co/yIiusoAZ2D ↑ネコがいろいろ在来種食べてる、という例 あと、最後のクマネズミ云々… https://t.co/3M1u6oQX32
@hambiraki1 ここ数十年で意識の向上と共に開発も過激さを増して在来希少種への圧力は高まりを増していたのよ。そんな中ノネコ問題が浮き彫りになったって感じhttps://t.co/NJaWAYqG66 ↑沖縄本島の事例
城ヶ原他(2003)沖縄島北部やんばる地域の林道と集落におけるネコの食性および在来種への影響 https://t.co/fRlZ7xwIrj マングースは小型脊椎動物や節足動物を積極的に捕食する傾向があり、それに比べてノネコは哺乳類と鳥類を捕食する傾向にあると述べている。
↓RT)哺乳類の一発目に名前が挙がってるねぇ・・・ 沖縄島北部やんばる地域の林道と集落におけるネコ(Felis catus)の食性および在来種への影響 https://t.co/bL89pdPbRF

収集済み URL リスト