著者
近藤 憲久 河合 久仁子 村野 紀雄
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.51, no.1, pp.39-45, 2011 (Released:2011-07-27)
参考文献数
23

札幌市手稲区(43°07′N,141°11′E)で2007年11月9日に拾得されたコウモリは,クロオオアブラコウモリと同定され,日本において8番目,札幌においては4番目の報告となった.日本でこれまで報告されているクロオオアブラコウモリ標本と本拾得個体の頭骨を精査した結果,これまで指摘されてきたように,上顎第二前臼歯が消失傾向にあることが明確となった.また,キタクビワコウモリとクロオオアブラコウモリを比較すると,上顎犬歯咬頭後稜の向きおよび下顎犬歯の高さと第四前臼歯の高さの比率が種識別に有効であることがわかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (59 users, 60 posts, 137 favorites)

日本……初……? https://t.co/te8kWXygQo https://t.co/bWmhoTctnq
@Wasabisoysauce_ @rikomrnk 一応、過去に見つかった際の論文です。 この時は繁殖は確認されてませんが何度か確認されてます。そのため日本に住んでいた可能性はあります。断定した言い方をしてしまいすみませんでした。 https://t.co/ylDJmdcdNJ
より一次情報に近いのがこのサイトだと思うんだけど、この同定された標本は2007年に札幌市手稲区で拾得された個体なので、時期的に新型コロナウィルスは全く関係ないことがわかる https://t.co/S0S1LGJXl5 https://t.co/bP15XSzoKz
@mathu_take_ume @Sankei_news すぐ見れる情報として、この2つが読みやすいかと。 https://t.co/Yzj0TYYR8z https://t.co/Xg10JjsiW6
日本ではレアなご先祖様の仲間だそうで 北海道札幌市におけるクロオオアブラコウモリ Hypsugo alaschanicus(Bobrinskii, 1926)の新たな記録 https://t.co/ybb2N3p5Rz
@Sankei_news クロオオアブラコウモリの発見で政治的なものや疾病の流行と勝手につなげている方はちょっと深呼吸してこの論文とその参考文献一通り目を通して下さい。 恐怖心に煽られ何も調べもせず人どころか野生動物にまでヘイトを向けるのはやってはいけない。 https://t.co/naLigVTgMF
極東ロシア、朝鮮半島、中国、モンゴルに生息とあるので、緯度が高い北海道にも生息は可能なのか。 https://t.co/3UGVuCr5c4
札幌にコウモリなんているんだと思ったら、こんな報告が。 「北海道札幌市におけるクロオオアブラコウモリHypsugo alaschanicus(Bobrinskii, 1926)の新たな記録」(2011年) https://t.co/ZLuyH4GM4x 「拾得されたコウモリ」とは何だろう。お亡くなりになっていたということか。

収集済み URL リスト