著者
平城 達哉 木元 侑菜 岩本 千鶴
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.249-255, 2017 (Released:2018-02-01)
参考文献数
21

鹿児島県奄美大島に分布するアマミノクロウサギPentalagus furnessiを対象として,2007年度~2016年度の10年間に環境省奄美野生生物保護センターにおいて把握できている本種の死亡個体と鹿児島県教育委員会大島教育事務所に集約された天然記念物滅失届の情報(n=499)を用いて,ロードキルの発生場所と発生時期を検討した.ロードキル(113件,交通事故で緊急保護された直後に死亡した3個体を含む)は全体の滅失数の22.6%を占めた.このうち,93件(82.3%)は島の中南部(奄美市住用町,大和村,宇検村,瀬戸内町)で発見されたもので,特に瀬戸内町網野子峠,奄美市住用町三太郎峠,県道612号線,県道85号線がロードキル多発区間であった.アマミノクロウサギのロードキル発生時期には季節性がみられ,発生件数は夏に少なく,秋から冬に多い傾向が示された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 2 favorites)

@payokirai @shura_mutsu @change_jp 追記 https://t.co/ZuHvSmA8o8 上記の資料を見るとノネコも害虫扱いになりますが、1番の原因が人間になりますね(^_^; しかし何故、夜行… https://t.co/6PwdekA40y
@06_50_101 @nasukei @change_jp デマですよ。確かに2016年は交通事故死が非常に多かった年ですが、猫原因のものは0ではありません。 https://t.co/d1Xt5M89bm
一部の数字だけ出して、過去最悪です。猫よりロードキルの方が多いです。って記事はどうかと。ちゃんと全部読も。いずれにせよ対策は急務。 https://t.co/WFgtqRsPOk

収集済み URL リスト