著者
本庄 加代子
出版者
日本マーケティング学会
雑誌
マーケティングジャーナル (ISSN:03897265)
巻号頁・発行日
vol.39, no.4, pp.60-65, 2020-03-31 (Released:2020-03-31)
参考文献数
39

本稿は,消費文化論とブランド研究の架け橋とされるHoltのカルチュラルブランディングについて,問題意識,依拠する学問,ブランドの捉え方に注目し,ブランド研究に対する意義を考察する。同モデルは文化とブランドという超越的な概念とその形成の道筋を扱っている。これは,解釈主義に位置づけられるが,共約不可能とされる伝統的パラダイムを補完し,更に戦略的柔軟性と実践性を備えている。ここでは,ブランドは,強くなればなるほど社会的批判を受けやすくなることが問題として示されている。このことから,ブランドの理想形とは社会的問題の解決手段でもあり,絶対的資質のものではなく,経営目標と合致する“状態”である可能性を示している。その動態性を前提とした理論の更なる洗練が必要であることが指摘できる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

#マーケティングジャーナル 「ブランド研究におけるカルチュラルブランディングの意義の理解」 本庄加代子(東洋学園大学) https://t.co/0MiOPMGTSC Vol.39 No.4(2020.03.31) MJ 2020 SPRING 156 *所属・肩書きは、当時掲載されていたもの #マーケ学会 #いまマーケティングができること https://t.co/axWcaFopEp

収集済み URL リスト