著者
堀口 哲生
出版者
日本マーケティング学会
雑誌
マーケティングジャーナル (ISSN:03897265)
巻号頁・発行日
vol.40, no.3, pp.58-66, 2021-01-07 (Released:2021-01-07)
参考文献数
44

国際競争の激化,製品ライフサイクルの短縮化の中で,企業は自らの既存の資源・能力を活用した漸進的な製品イノベーションだけでなく,新しい資源・能力の探索を伴う急進的な製品イノベーションを達成することがますます求められている。しかし,急進的な製品イノベーションには非常に高いリスクや不確実性が伴い,その実現は困難である。その中で,多くのマーケティング・経営学者は,急進的な製品イノベーションを促進・阻害する要因についての研究を行ってきた。とりわけマーケティング学者は,マーケティング組織の活動が,急進的な製品イノベーションを促進・阻害するのかという課題に対して多くの関心を向けてきた。本論の目的は,マーケティング組織の活動と急進的な製品イノベーションの関係について検討した既存研究をレビューし,その知見を整理することである。具体的には,マーケティング組織と急進的な製品イノベーションの関係に着目した2つの研究潮流をレビューした上で,マーケティング組織が急進的な製品イノベーションに如何に関与するべきなのかについて既存研究の知見を整理する。その上で,この研究領域における将来の研究余地を指摘する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

#マーケティングジャーナル 「マーケティング組織と急進的な製品イノベーション」 堀口哲生(東洋大学経営学部) https://t.co/XrIMcHSeF4 Vol.40 No.3(2021.01.07) MJ 2021 WINTER 159 *所属・肩書きは、当時掲載されていたもの #マーケ学会 #いまマーケティングができること https://t.co/B2gMQkflaq
「イノベーション」の中でも、新しい資源・能力の探索を伴う「急進的な製品イノベーション」において、マーケティング組織はプロジェクト後半の商業化段階で関与することで、その成功確率を高めることができる。/https://t.co/XogMG01jCd #ブランドに関わる論文を読む
#マーケティングジャーナル 「マーケティング組織と急進的な製品イノベーション」 堀口哲生(東洋大学 経営学部) https://t.co/XrIMcHSeF4 Vol.40 No.3(2021.01.07) MJ 2021 WINTER 159 *所属・肩書きは当時掲載されていたもの #マーケ学会 #いまマーケティングができること https://t.co/N6VtKcmi1L

収集済み URL リスト