著者
加茂 徹
出版者
一般社団法人 廃棄物資源循環学会
雑誌
廃棄物資源循環学会誌 (ISSN:18835864)
巻号頁・発行日
vol.29, no.2, pp.133-141, 2018 (Released:2019-03-31)
参考文献数
27
被引用文献数
1 1

炭素繊維強化プラスチック (CFRP) は軽くて丈夫で,自動車等に用いた場合に車両を軽量化して燃費を向上させることができる。炭素繊維は製造時にエネルギーを多く消費するが,リサイクルすることにより自動車等のライフサイクルエネルギーを大幅に削減できると期待されている。CFRP から炭素繊維を回収する方法としては,物理的あるいは化学的な手法が数多く提案されている。炭素繊維は不活性なガス雰囲気中では加熱しても引張強度等の物性劣化はほとんどないが,酸素,水蒸気,強酸等によって物性が劣化すると報告されており,炭素繊維にダメージ与えずにプラスチックを取り除くことがリサイクルの重要な技術的課題となっている。炭素繊維のリサイクルを普及させるためには,回収された炭素繊維を用いた製品の開発や,回収された炭素繊維の品質やトレーサビリティーを表示する標準規格化等の社会システムの整備も重要である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 5 favorites)

@SuomiMasuda @KillCO2 @ppo36 熱分解、液化、機械的破砕がリサイクル手法としてあるみたいですが、実用化されてるのは熱分解だけみたいですね。 https://t.co/RV8S8EQENN
リサイクルはやっている コストの問題なのかな https://t.co/GurW2hZ5mw 世界中で廃棄される 炭素繊維強化プラスチックを 岐阜の英知を結集してリサイクル。 https://t.co/lpWPCwn3W2 https://t.co/1L4fMuXfop https://t.co/6sg38pMtZS
@un0x0nya 参考 https://t.co/yyeSLTomec
いや、アルミに戻せはないな。CFRPの処分方法作るだけでしょう。頑張っても上手く処理できないなら消えてくかもしれないけど、そこは数が出れば工夫が出てくるのでは。 https://t.co/PsKBZ8dfMR
TLで見たけど、今のゴミ処理サイクルではFRP(CFRP or GFRP)で成型された物を廃棄すると細かく破砕してシュレッダーダストにするしか無いよね……残念ながら。 一部では熱分解法等で炭素繊維と樹脂に分離して回収するのも始まっている様だけど普及はまだまだなのではと。 https://t.co/xub6LkmFaP
https://t.co/62EMyawjig
「廃棄物資源循環学会誌,Vol.29, No.2, pp.133-141, 2018 133 【 特 集: プラスチック二次資源化としての役割と技術展開 】 炭素繊維強化プラスチック (CFRP) のリサイクルの現状と課題 加茂徹」 pdf https://t.co/gIPzT6NjAX

収集済み URL リスト