著者
北川 信一郎
出版者
日本医学教育学会
雑誌
医学教育 (ISSN:03869644)
巻号頁・発行日
vol.44, no.4, pp.227-235, 2013-08-25 (Released:2015-07-06)
参考文献数
30

目的 : 公衆衛生医師の経験学習に焦点をあて,その熟達化の過程を明らかにする.研究方法 : 10人のExpertを対象に,仮説探索型研究をおこなった.インタビューの分析には,グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いた.結果 : 学生時代では,先輩医師から公衆衛生の重要性を,臨床医時代には,患者との関わりからプライマリ・ケアについて学んでいた.また,公衆衛生医師として,13の経験から11の教訓を学んでいた.  一方,公衆衛生マインドは,自己関連,患者関連,社会関連,組織関連の4つの信念のカテゴリーからなり,特に,社会関連の信念がコアとなっていた.結論 : 特有の経験学習が明らかとなった.熟達論および経験学習の観点から考察した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 11 posts, 0 favorites)

”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/j4UuZmVvCb https://t.co/BzdRU1D7VL

収集済み URL リスト