著者
安川 康介 野村 恭子
出版者
日本医学教育学会
雑誌
医学教育 (ISSN:03869644)
巻号頁・発行日
vol.45, no.4, pp.275-283, 2014-08-25 (Released:2016-05-16)
参考文献数
66
被引用文献数
2

近年, 女性医師の勤務継続支援に関しては活発に議論されるようになってきたが,ジェンダー平等へ向けたより包括的な議論は不十分である.本稿では,日本の医学界におけるジェンダー不平等をめぐる現況について概観し,ジェンダー平等に向けた課題について考察する.医学界のジェンダー不平等の主な原因として,性役割分業を前提とした医師の長時間・不規則な勤務体制,女性医師の家庭と仕事の二重負担,女性に対する固定観念・偏見・差別等があげられる.女性であることが,医師として不利にならない労働環境を構築するために,ジェンダー平等へ向けた取組みが必要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 18 favorites)

@kumlo_apricot @namakeushi @dasmanchan とてもいい資料がございます。 https://t.co/z5DIPRYSUM 特に男性医師と女性医師の、子どもができてからの家事分担の差。 激務の上にこ… https://t.co/d34K44nv68
@nana77rey1 @sentakuseibesse @AmeShowMix 教育現場の男女格差については、この医学部についての論文とか読んでみるといいと思うよ。医学部入学者の女性割合は約 17%から 49%(学校差が大きいの… https://t.co/pMTA5wxCqA

収集済み URL リスト