著者
ケイワン アブドリ
出版者
独立行政法人 日本貿易振興機構アジア経済研究所
雑誌
中東レビュー (ISSN:21884595)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.152-160, 2018 (Released:2019-03-15)

During the Oil Nationalization Movement of the early 1950s, Iran’s oil was boycotted by the British and major oil companies, which brought a lot of financial hardship to the government of Prime Minister Mossadegh. A few medium-scale oil companies tried to buy and transport it to the market, including Japanese Idemitsu Kosan. It was a very risky but highly profitable deal for them, because Iran gave large discounts to the buyers. However, after Mossadegh’s downfall and the establishment of the Zahedi government, the deal faced problems. Iran could not or would not easily accept the discounted rate requested by Idemitsu.In approximately 1954, the Japanese government intervened to support Idemitsu, including by writing letters to the Foreign Ministry. Below is one of those letters, which has been translated from Farsi to Japanese, that was sent to Dr. Ardalan, the Foreign Minister of Iran, in September 1956. In the letter, Japan demanded that the Iranians keep their obligations and promises and offered a long-term oil deal with special conditions. In the article, I describe the background and details of the deal, explain the Japanese government’s position regarding the Idemitsu deal, and shed some light on Japan’s energy diplomacy.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

英国の軍隊が監視役として配備され、軍艦によって輸出のためのタンカーを撃沈していたという史実は、、イランの反米反日組織が同じような手法で今回日本船を攻撃してきたのは意外だった。

Twitter (4 users, 4 posts, 11 favorites)

ケイワン アブドリ(2018)「出光石油協定に見る1950年代のイランと日本のエネルギー外交」『中東レビュー』5: 152-160. https://t.co/X22wZkt4nd 石油国有化運動期のイランと日本の関係については,この論文が出ていたのだった。
英国の軍隊が監視役として配備され、軍艦によって輸出のためのタンカーを撃沈していたという史実は、、イランの反米反日組織が同じような手法で今回日本船を攻撃してきたのは意外だった。 / “出光石油協定に見る1950年代のイランと日本のエ… https://t.co/qx9vvoL9nK
《日本とイランの二国間の経済関係は1920年代から30年代にかけて急速に拡大し、日本は1930年代の後半に初めてイランから原油を輸入するに至った。》 ———出光石油協定に見る1950年代のイランと日本のエネルギー外交 https://t.co/EvDA7E3ti1

収集済み URL リスト