著者
岩佐 光啓 丸山 真澄 中村 絵理 山下 伸夫 渡辺 彰
出版者
The Japan Society of Medical Entomology and Zoology
雑誌
衛生動物 (ISSN:04247086)
巻号頁・発行日
vol.56, no.3, pp.191-199, 2005-09-15 (Released:2016-08-07)
被引用文献数
7 7

牛用駆虫剤イベルメクチンのポアオン法による投与が, 牛糞に生息する標的および非標的糞食性ハエ類に及ぼす影響について調べた.排糞中のイベルメクチンは, 処理後14または21日まで検出され, その濃度は処理後1または3日目に最大となった.処理された牛の糞において, ノサシバエとキタミドリイエバエの幼虫は14日目ですべて死亡し, 21日目でも蛹化率は減少した.羽化トラップを用いた野外実験において, 処理区でクロイエバエ, ヒメシリアカニクバエ, ツヤホソバエ科, ハヤトビバエ科, オドリバエ科などの発生は大きく減少した.環縫亜目・有額嚢群のハエの発生は, 処理後1, 3, 7日で等しく抑制された.ノミバエ科とヌカカ科の発生数は, 逆に処理区の糞で増加した.処理区において羽化したハエの乾燥重量は著しく減少し, 糞分解活動が抑制された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 8 posts, 2 favorites)

イベルメクチン服用後、排便中(牛)のハエ、幼虫の発育抑止 人間も恐らく同様の結果だろう 排便感染といえば #ノロウイルス が同じRNAウイルス ノロ感染時もイベルが有効だろう ✽ウシの糞パットにおける標的および非標的の糞繁殖ハエ(双翅目)に対するイベルメクチンの効果https://t.co/v2ev9MIrUc
J-STAGE Articles - Effects of ivermectin on target and non-target dung-breeding flies (Diptera) in cattle dung pats https://t.co/jP1uzk1nys
丸山宗利さんに、コロナ治療薬候補?イベルメクチンが家畜の駆虫薬/殺虫剤として使われていること、および、牛糞から発生する動物(非標的種を含む)への影響に関する論文(PDF)を教えていただいた。元所属学会の機関誌「衛生動物」掲載論文だったので、恥ずかしい限り。 https://t.co/zZ3rP3Flf8

収集済み URL リスト