著者
今西 規
出版者
日本組織適合性学会
雑誌
日本組織適合性学会誌 (ISSN:21869995)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, pp.130-134, 1994 (Released:2017-03-31)
参考文献数
10

HLAは多重遺伝子族を構成し, しかも各遺伝子座が多数の対立遺伝子を持つ. この遺伝的多型は世界のどの集団にもみられるが, その対立遺伝子の構成は集団ごとに異なる. ここでは, HLAの対立遺伝子が世界の民族の中でどのように分布しているかを示し, 対立遺伝子頻度の統計学的解析を通して, ヒトの進化の歴史について論じる. 1. HLAの遺伝的多型 ヒトの主要組織適合性複合体(MHC)であるHLAは, 免疫機構の中で非自己抗原の認識を担当する分子である. HLAの遺伝子には多数の対立遺伝子があり, 個体ごとに異なるタイプの遺伝子を持つ場合が多い(1). このような遺伝的多型は, HLAに限らず他の多くのタンパク質をコードする遺伝子でも観察される現象である. しかし, HLAの遺伝的多型は他の遺伝子とは異なり, 対立遺伝子の種類が極端に多い. 実際に, HLAは, ヒトの遺伝子の中でもっとも変異に富む遺伝子であるかもしれない. そして, この遺伝子の変異を比較研究することによって, さまざまなヒトの集団の間の進化的系統関係を探ることができるのである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 14 posts, 14 favorites)

い。このことから、HLAハプロタイプがいかに多くの種類があるかがわかる。」「複数のHLAの遺伝子座を含む、長いDNA の領域を想定することができる。これがHLAハプロタイプである。」(p131)出典はこちらhttps://t.co/FQ2Jfj8wBy 遺伝学の専門家ではないので、この部分の解釈ができないのだが、多様な
④(参考:図表ソース) ☞〔総論〕遺伝子の多様性とヒトの進化https://t.co/aHTZE2DZVr今西規/国立遺伝学研究所遺伝情報研究センター https://t.co/QbxQNptNZU
ちなみに、そう断言すると「ソース出せ!」と騒いでくるアホウヨたちの為にその日本の国立遺伝学研究所遺伝情報研究センターの調査研究結果のURLを下に示しておこう https://t.co/wlE0gaZJ89 https://t.co/z1MLRjNhco

収集済み URL リスト