著者
宮前 良平 藤阪 希海 上總 藍 桂 悠介
出版者
国立大学法人 大阪大学大学院人間科学研究科附属未来共創センター
雑誌
未来共創 (ISSN:24358010)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.243-275, 2022-03-31 (Released:2022-07-22)

本稿は共生・共創を考えるうえで重要なテクストである『サバルタンは語ることができるか』(スピヴァク 1998 = Spivak 1988)(以下『サバルタン』)の共読を通して、スピヴァクによる表象(代表/表現)の問題意識を共生学の3つの アスペクト(フィロソフィー、アート、サイエンス)から多角的に捉えなおすことを目的とする。第1章では、『サバルタン』の共読の舞台となった読書会がはじまった経緯を述べ、正しく内容を読み取ることを志向しながらも「読みの差異」が生まれたことに着目する。第2章では、共生のフィロソフィーの視点から『サバルタン』におけるスピヴァクの立ち位置を確認する。その際にスピヴァクによる自己言及に着目し、サバルタン連続体の見方を導入することの重要性を述べる。第3章では、共生のアートの視点からテクスト経験をオートエスノグラフィとして表現することを通して、自らのサバ ルタン性を語り直す。第4章では、共生のサイエンスの視 点から調査研究を行う際のサバルタン性との関わりを反省的に描き出す。最後にこれらの「読みの差異」を、ポジショナリティの差異として環状島モデルに布置し整理することで、「サバルタン」と、語る主体としての私との関係性を考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 11 favorites)

#寝る前に論文読む メモ ヤマグチさんの投稿をみてスピヴァクやサバルタン・スタディーズに興味を持ったので色々と調べてみたい。 https://t.co/CXAMgfvnNY
①は、「当事者不在」という問題、そして、②は「当事者不在という言説への批判にすら当事者がいない」という問題である。 https://t.co/5rKNEYwa25 宮前良平 、藤阪希海、上總藍、桂悠介「『サバルタンは語ることができるか』を共に読み共に書く」
ちょうどJステージに公開されたのでリンク置いときます!https://t.co/0kEtATOyuz

収集済み URL リスト