著者
伊藤 広貴 越塚 誠一 芳賀 昭弘 中川 恵一
出版者
日本医用画像工学会
雑誌
Medical Imaging Technology (ISSN:0288450X)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.208-214, 2011 (Released:2011-10-12)
参考文献数
14
被引用文献数
1

胸郭の運動が一因となり呼吸による肺変形が引き起こされるため,胸郭の時系列の動きを知ることは肺内部の変形シミュレーションをする際に重要な知見となる.そこで,解剖学的知見とCT画像をともに用いる胸郭運動モデルを提案する.肋骨は肋横突関節と肋椎関節を結ぶ軸で回転運動をさせ,各肋骨の回転角度は呼気と吸気時のCT画像から求める.これにより,提案した胸郭運動モデルがポンプハンドル運動とバケットハンドル運動を定性的に再現できることを示す.さらに,呼気と吸気時のCT画像を用いて,提案した胸郭運動モデルにおける肋骨の回転角度算出手法の妥当性を検証する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

#日本大学工学部臨床工学 https://t.co/1XGi3nUl9A
先月号のMedical Imaging Technology誌に掲載された胸郭運動モデルに関する私の論文です.ご興味のある方は抄録だけでも^^;J-Stage上からはこちら(抄録と本文PDFへのリンク)→http://t.co/H6OCWcjB

収集済み URL リスト