著者
宮武 実知子
出版者
日本マス・コミュニケーション学会
雑誌
マス・コミュニケーション研究 (ISSN:13411306)
巻号頁・発行日
vol.70, pp.157-175, 2007-01-30 (Released:2017-10-06)
参考文献数
29

"The Seven Professors affair" is famous as the pro-war movement of Tokyo university professors before the Russo-Japanese War. Their movement is likely to be criticized as irresponsible and silly. However the overview of the affair and their intention are not well known. In this paper, to explain the background and the overview of the affair, I will examine the public opinion to the affair, through newspaper and magazine articles at that time as well as reminiscences of those who involved. Their movement came to the first case of consumption of the intellectuals in Japan.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (58 users, 58 posts, 65 favorites)

「帝大七博士事件」をめぐる輿論と世論®」メディアと学者の相利共生の事例として 宮武実知子(関西大学非常勤講師) https://t.co/xB1jBo40mT 東大七博士事件とは何か?北洋漁業が日露開戦にどう関係するか、そのため世論をどうしたか?の論文です。 https://t.co/s0mOyHjCuj
帝大7博士というのがあって「大砲の数も気にせず戦争やれ」ってあおってたんだよ。知性とやらがよ。 https://t.co/MgRvnjYY95 https://t.co/2PCe0zCmsM
https://t.co/VGLCymJfdF これ面白そう、政府方針に意見したら休職にされちゃったけど、反撃して文科大臣辞職?読む読む
でも、七博士意見書事件の論文のほうが面白ろそうだから、こっちからにしよう。 大学教授の肩書と、それを利用するマスコミって、現在でもあるよな。 「帝大七博士事件」をめぐる輿論と世論 - https://t.co/Vol9exna5B

収集済み URL リスト