著者
堀江 重郎
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.102, no.4, pp.914-921, 2013 (Released:2014-04-10)
参考文献数
56

男性更年期障害の低テストステロンによる症候であるLOH(late onset hypogonadism syndrome)症候群は2型糖尿病に高頻度に見られる.テストステロンは糖代謝,脂質代謝に関与し,またテストステロン低値は,糖尿病,メタボリック症候群のリスク因子である.テストステロン補充療法は筋肉量を増やし,また耐糖能を改善する.LOH症候群は,男性糖尿病患者の生活の質や健康増進を高める上で重要な疾患である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

特 集 糖尿病と関連する内科疾患:診断と治療の進歩 トピックス Ⅰ.病態解明・診断・治療 13.男性更年期障害(LOH症候群) 堀江 重郎 https://t.co/klPWqdN4n8

Wikipedia (3 pages, 3 posts, 1 contributors)

編集者: X-enon147
2018-01-10 17:50:17 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト